★デリケートゾーンケアのジャムウ・ハーバルソープ★

健康・美容

★デリケートゾーンケアのジャムウ・ハーバルソープ★

デリケートゾーンケアの臭い・黒ずみはもうきにならない。

出典 http://www.lovecosmetic.net

出典 http://www.lovecosmetic.net

ジャムウって何?

インドネシアに古くから伝わる民間伝承薬ジャムウは、ハーブや植物の実や根を調合したもの。雑菌の繁殖を抑制したり、汗やニオイを抑えたり、色素沈着を防いだりするほか、肌荒れや 乾燥にも効果があり、石鹸としてパーフェクトな働きをしてくれる優れものなのです。

出典 http://www.soap-jamu.net

そもそも、ジャムウ石鹸って?

女性のデリケートなお悩みに高い効果があるとして、世界中で大人気の石鹸です。
日本でも数年前から話題となり、今ではたくさんの商品が発売されています。
人に相談しづらいデリケートゾーンの悩みや、
周りの人から指摘もしてもらいにくい体臭の悩みなどを、
毎日のお風呂で使う石鹸を変えるだけであっという間に解決してくれる、
魔法のようなお助けアイテムなんです。

出典 http://www.soap-jamu.net

出典 http://www.lovecosmetic.net

ジャムウ石鹸の5大効果

1.デリケートゾーンのニオイ


天然由来成分で作られたジャムウにはニオイ対策として高い殺菌消臭効果を持つハーブが配合されており、デリケートゾーンのにおいケアに高い効果があります。

女性のデリケートゾーンのお悩み第1位が、『におい』です。その原因は、雑菌が繁殖する際に排出される老廃物。デリケートゾーンにある汗腺からは、雑菌が繁殖するために必要な栄養となる成分を豊富に含んだ汗が分泌されています。さらに下着で覆われて常に高温多湿で、デリケートゾーンは雑菌が繁殖するのに最適な環境なのです。

肌表面には善玉菌と悪玉菌がいます。しかし、通常の石鹸で洗うと、洗浄力が強すぎてこの善玉菌がほとんど落ちてしまう上、弱酸性のデリケートゾーンには刺激が強すぎて肌を痛めてしまいます。また、通常の石鹸に多い「弱酸性」のものだと洗浄力を補うために合成界面活性剤が含まれることが多く、皮膚をいたわるどころか傷つけてしまうことも。

デリケートゾーンのニオイイメージ

ケアしていても出てしまうアソコのにおいに悩まされている女性は、実は多いんです。消臭スプレーをしたり、おりものシートをこまめに取り換えたり、大変な苦労をしている女性は少なくありません。しかしスプレーのしすぎでかぶれてしまったりする可能性もありますし、おりものシートは通気を妨げるため本当なら付けていないほうがいいもの。

雑菌やにおいの原因はしっかり落とし、肌を健やかに保ってくれる善玉菌は残せる弱酸性のジャムウ石鹸なら、簡単なお手入れで原因からケアできるので、においを気にしない毎日を過ごせます。





2.デリケートゾーンの黒ずみ


デリケートゾーンの黒ずみイメージ
デリケートゾーンやバストトップの黒ずみ、これもジャムウ石鹸の簡単ケアでキレイにできちゃうんです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、日焼けと同じメラニン色素です。ジャムウ石鹸には、メラニン色素の生成を抑制し、肌への定着を防ぐ成分が含まれています。

黒ずみのメカニズムは日焼けと一緒なので、解消のメカニズムも一緒です。黒ずんだ箇所にターンオーバー(新陳代謝)が起こることで、黒ずみは解消します。

肌はいくつもの層からなり、徐々に上に押し上げられて一番上の層が垢として剥がれおちるまでの一連の流れがターンオーバー。メラニン色素を含む層がターンオーバーで押し上げられ、なくなっていくことで黒ずみが解消します。

ジャムウに含まれるハーブ成分は黒ずみの原因であるこのメラニン色素を抑制し、新たに作られないようにします。そして色素を含む古い角質を優しく洗い流すことで、黒ずみを改善するのです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因は、摩擦です。肌がダメージを受けると、防御反応としてメラニン色素は作り出されます。そのため、黒ずみを取り除こうとして洗浄力のある石鹸でごしごし洗うのは逆効果!ジャムウの天然ハーブの洗浄力は古い角質を優しく、でもしっかりと取り除いてくれる上、保湿成分で摩擦に弱い薄い肌を守ってくれるんです。





3.おりもの対策


おりもの対策イメージ
シートが手放せない、においが気になる…。 でも体質だから、と諦めている方も多いおりものの悩みも、ジャムウが解決してくれます。ジャムウ石鹸を使うようになって、今まで多かったおりものが気にならなくなった、という声がたくさんあります。中には、おりものシートがいらなくなってしまった、なんて声も。

膣の自浄作用であるおりものは、雑菌の侵入などに対してそれを洗い流そうと量が増えます。また、きれいにしようとするあまり、石鹸で洗いすぎることで膣内のpHバランスが崩れてしまっても同じことが起きます。

そもそもおりものは、膣内を弱酸性に保って雑菌の繁殖を防いだり、受精の手助けをしてくれる大切なものです。通常排卵日付近や生理前になると自然と量が増えるものですが、それぞれ個人差があり、においや量もまちまち。雑菌が侵入したり、性交渉で傷ついたりしても量は増えます。下着の汚れやにおいを気にしておりものシートを常に使うせいで、蒸れが起こり雑菌が繁殖してさらにおりものが増えてしまうことも。

ジャムウ石鹸に含まれるハーブ成分がpHバランスを崩さずに雑菌を洗い流すことで、膣の自浄作用が正常に働く状態に戻してくれます。また、収れん作用で膣を引き締めることで、おりものの量を減らしてくれるのです。




4.かゆみケア


天然由来成分で作られたジャムウにはニオイ対策として高い殺菌消臭効果を持つハーブが配合されており、デリケートゾーンのにおいケアに高い効果があります。

人に言えないアソコのかゆみ。誰もが悩まされるこの悩みも、ジャムウでこっそりおうちでケアできるんです。ジャムウはかゆみを抑えるのではなく、かゆみの原因を根本から取り除いてくれます。

デリケートゾーンは肌の他の部位に比べて角質層がとても繊細で、たったの5層ほどしかなく、よく薄いと言われる瞼の皮膚よりもさらに薄いんです。そのため刺激にとても弱く、過敏に反応してかゆみが起こりやすくなります。

かゆみケアイメージ
かゆみを防ぐには、その原因である雑菌の繁殖を防ぐのが第一。ですが、通常の石鹸では刺激が強すぎて、かえってかぶれを起こしてしまうことも。ですが、ジャムウは天然素材で出来ているので肌に刺激となる成分を含まず、かゆみを引き起こす雑菌だけを殺菌してくれます。

かゆみのもととなる雑菌が繁殖する原因は、主に蒸れ。デリケートゾーンは下着などで常に覆われていて蒸れやすく、そこに尿などが付着してどんどん雑菌が増えてしまいます。さらに生理中になるとナプキンで通気はふさがれ、経血でデリケートゾーンが常に湿った状態になりますから、強いかゆみを引き起こしやすくなっているのです。

仕事中や授業中など、かけない状況で起こるひどいかゆみはつらいもの。かくと肌を傷つけて余計悪化させてしまうので、ジャムウ石鹸で優しく元からケアするのがオススメです。





5.全身の体臭ケア


「デリケートゾーンにしか使えない」という誤解をされがちなジャムウ石鹸ですが、お肌に優しい天然ハーブの洗浄成分は全身洗いに最適です。デリケートゾーンに効果を発揮する殺菌消臭効果は、全身に発揮されます。

においの原因である雑菌の大好物・脂肪酸は、通常のボディーソープでは落ちにくいもの。しかし、ジャムウに含まれる天然のハーブ成分は脂肪酸もしっかりと落としてくれます。

全身の体臭ケアイメージ
足のにおいや脇のにおい、夕方になると首筋から漂ってくる独特のにおいなど、ケアに悩まされる全身のにおいにジャムウが効果を発揮してくれます。長年悩まされ続けて恥ずかしい思いをしていたワキガが、ジャムウ石鹸を使い始めて1日で効果を実感し、1ヶ月たつ頃には全く気にしなくなっていた、という方もいるほどです。

また女性だけでなく、男性の体臭にもジャムウ石鹸は効果的です。奥様が旦那様に使うよう勧めて今では夫婦で愛用していたり、体臭を気にする男性が彼女のジャムウ石鹸をこっそり使ってみて手放せなくなったりと、幅広い年代の男性からも支持されています。

出典 http://www.soap-jamu.net

出典 http://www.lovecosmetic.net

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ